滋賀県の社会人ラグビーチーム「レークサイド」オフィシャルWEBサイト

Facebook

2021

02-07

練習(野洲川グランド) Drill

三寒四温の小春日和の陽気に包まれた中、今日もメンバーはグランドに集った。先に練習をしている国体代表メンバー。その熱気が冷める事はなく、10時半からのLake Sideの練習は始まった。冬場の練習は体幹から。相撲練習では横綱M氏は向かう所敵無し。2対1、3対2、5対4、そして罰ゲームが怖いタッチフットをした。冬枯れの芝生が蒼く萌える時、練習をしてきた成果が実を結ぶ。

We gathered at the rugby pitch in the early spring warm weather.   National Competition member had been drilling; with the unstoppable passion Lake Side started the weekly routines at 10:30.   Body core, a.k.a. Sumo drill in which nobody beat Yokozuna Champion Mr. M, 2:1,  3:2, 5:4, and touch-foot whose penalty nobody can guess.   When the withered turf turns vivid green, Lake Side will fly high.

1612676793415

KIMG8967 KIMG8973KIMG8976

2021

01-31

練習(野洲川グランド) Drill

長かった。永遠に続くと思われたオフシ-ズン。1970年代のアメリカの伝説のロックバンドのMeat Loaf の代表作のAll revved up with no place to go(エンジンはレッドゾーンなのにどこに進めば良いかわからない)(https://youtu.be/241mnuTfRe4)の歌詞のように鬱屈されていたメンバーの心は野洲川グランドで放たれた。先ずは相撲アスレチックから始まり、負けたチームには容赦ないグランド半周やキラキラスタージャンプのタッチフットという名の真剣勝負。湖北の空は雪雲に覆われていたが、練習を終えたメンバーの顔には太陽の光が降り注いでいた。

It was very very long off-season as if it had continued eternally.  Member’s minds cofined in the bird cage like the song ’All revved up with no place to go’ of the 1970’s USA legendary rock band  (https://youtu.be/241mnuTfRe4) were released at Yasu Riverbank ground.  First, Sumo athletics, then touch-foot a.k.a. tough-foot with penalties, running around the half field or star-jump.  The north sky was covered with snow clouds, but on faces of the members having finished the drill the sunshine was smiling.

KIMG8696KIMG8691KIMG8713

2020

12-13

京滋リーグ対東宇治クラブ Game against Higashi Uji Club

レークサイドRFC

前半:2T1PG / 後半:1T1G

20

東宇治

前半:- / 後半:1T1G

12

* 吉祥院グランド 2020年12月13日 14時30分 KICK OFF トライ:村中1、松尾1、丸山1

  • 1 小松 達也
    2 田中 宏筧
    3 藤井 達丸
    4 園田 良
    5 Cameron Stuart Hart
    6 松尾 優吾
    7 松本 空海
    8 村中 章吾
  • 9 若松 徹
    10 吉田 凱希
    11 齋藤 優弥
    12 井口 貴文
    13 清水 智貴
    14 丸山 俊介
    15 藏立 紘宇
       
  • 16 林 雄大
    17 横山 竜之介
    18 五荘 大信
    19 中屋 孝広
    20 早川 直人
    21 -
    22 -
    23 -

STAFF

廣田:SA 渡辺:撮影

吉祥院グランドでは今日は4試合が予定されていて、Lake Sideの試合は4試合目に、その前に第2試合目の試合の運営スタッフの当番だった。10:30に当番メンバーは集合。その直後、衝撃が走った。第2試合は中止となっていたと。いきなり空いた2時間。試合前に京都市内の刀剣店舗に行き侍の息吹を感じるグループ、グランド近くの横綱ラーメンで取り放題のネギを山盛りにして英気を養うグループに分かれた。
京滋リーグ最終戦は14:30定刻にキックオフ。肉のぶつかる音か、骨がきしむ音か、肉弾戦の中、前半はLake Sideは反則も最小限に抑えてトライを重ねる。左から右に、右から左に。味方の後ろには味方がフォロー。Lake Sideが今期追い求めていたものを一つ一つのプレーで具現化していく。後半には相手チームに追い上げられもしたが、ノーサイドの笛の瞬間までLake Sideの緊張が途切れる事はなく優勝カップを再び皆で手にする事ができた。
2020年の練習はひとまず今日で終了。今夜は優勝の美酒に酔おう。そして、明日からはまた来年に向けて始動しよう。年明けの最初の練習の時、きっと各自が一回り大きくなっているはず(正月太りではなく)。
Today, four games were supposed to be held at Kisshoin stadium.  Lakde side planned to play the game at the 4th one, and some of us planned to support the 2nd game as the game staffs.    Our staff member gathered at 10:30 and all of them were shocked by the news that the 2nd game had been cancelled…. Two hours till we start warming up for the game.   One group went to a Japanese sword shop at the downtown Kyoto to feel the spirits of Samurai for today’s game, and the other went to a Yokozuna noodle restaurant in the neighborhood to eat Ramen with piles of free-of-charge long green onions to become energized, too for today’s game.
The final game of Kyoto-Shiga league started at 14:30 as scheduled.   Men hit men, body hit body, and bone squeaked.  At the first half, Lake Side kept the penalties as less as possible and scored tries.  From right to left, left to right, players supported players.  Lake Side realized in the game what we had been looking for in this season.  At the latter half, the opponent team closed the gap fast, however Lake Side maintained the concentration and finally put the trophy at our hands again.

Activities of Lake Side in 2020 ended today.  Tonight, let’s become tipsy with the victory beer or wine or whatever.  And let’s get started tomorrow heading for the next year.   At the first drill in the next year, each one of us will be bigger definitely, hopefully not by overeat and overdrink during the New Year holidays.

疾走 RUN 全員