滋賀県の社会人ラグビーチーム「レークサイド」オフィシャルWEBサイト

Facebook

2021

03-14

練習(野洲川グランド) Drill

前日の雨が水溜まりとなってグランドのそこかしこに残っている中、そろそろ激しい練習をするかいやまだまだそこまではの葛藤と共に練習は始まった。頭の周りや腰の周りをボールを一周させてランそしてパス、次は馬飛び。体をほぐしたら、次は2対1、そしてタッチフット。今日はこのペースのまま行くかと思われた中、静寂を破る声が「来月は試合やで、激しく行こうな」。3対2。そして、セブンスならぬ6人制という名のもとにラック練習を2分1セットで時間いっぱい行った。練習を始めた時は水溜まりの場所を気にしていたのに、いつしか誰もがボールだけに集中してそして泥だらけになっていた。息も上がっていたが(Take away breath)、ラグビーに暫し時を忘れた(Rugby took our breath away)。
https://youtu.be/Bx51eegLTY8
私達が練習をしていた横ではいつしか小学生のラグビーチームの卒団式が行われていた。卒団する一人のメンバーの言葉がマイクを通して聞こえてきた。
「最初はタックルも怖かったですが、いつしか自然とタックルできるようになっていました。。。。。」
卒業の春。Lake Sideの1年は始まったばかりです。

With puddles of yesterday’s rains scattered around, the drill started caught with the pressures of hard drills or so-so ones.  Turning a ball around a head and a waist, and running.  Leapfrog.  After warming up ourselves enough, 2:1 attack & defense, and touch-foot.  When we thought that we were going on easy, somebody yelled breaking the silence ”We will play the game next month.  Let’s go hard!”  Members were separated into two teams (six men each), and continued drilling in rucking 2-minute/cycle till the end.   When we had started drilling today, we worried where puddles were.  However, all of us just concentrated on the ball and got muddy before we realized.  We ran out of breath, or rugby took our breath away.
https://youtu.be/Bx51eegLTY8
By our drilling site, there was held a commencement of the elementary school rugby team.  The comment of a member was broadcast through a loudspeaker ”I was timid about tackling first, but I could soon tackle without my knowledge.”
Spring of graduations,,, a year of Lake Side has just started.

0314 4 0314 3 0314 2 0314 1