滋賀県の社会人ラグビーチーム「レークサイド」オフィシャルWEBサイト

Facebook

2020

11-15

練習(野洲川) Drill

いつも練習している野洲川河川敷の陸上競技場のグランドは、野洲ラグビークラブの少年達、大学生も一部参加しているらしい社会人クラブのリゲルサントス、そして私達のLake Sideと昨年のラグビーワールドカップの盛況を思い出させるほどの活況だった。そんな中、今日練習に来る予定の新入部員がなかなか現れない。プロップ経験者なので体形はプロップらしいが。おっと現れた!いや、親子連れだ。あれだ!いや、見るからに70歳は越えているようなおじいさんだ。そんな中、期待の新入部員は現れた。まさに見るからにフロントロー。引っ越したばかりでスパイクが無く靴だったので泥気味のグランドで何度も滑りながらしかしすぐに立ち上がる姿には、知らぬ間に参加していたメンバーの心と練習内容を熱くさせていった。今日はいつもの練習の松本メソッドではなく、吉田メソッドだった。たまにあるボールに触る事ができないサーキット練習は現れない事はわかっているが、一体どんな練習メニューなのかと、、、緊張は練習が終わるまで続いた。

The Yasu Riverbank Track & Field ground was full of Yasu Rugby Club boys, adult club Rigel Santos which looked like drilling with college students, and us Lake Side, which made us recall the old days in the last year owing to the Rugby World Cup.   A rookie, who was supposed to show up today, did not come when we started drilling.   We heard that he was the prop.   Therefore, he must have looked like ”Prop”.   Yes, he came!  No, the man was with his kid.   Yes, he came!   No, the man apparently looked like a senior citizen older than 70 years old.   And finally he came.   He looked a real ”Front Row”, yes, he was.  As he just moved here, he had only shoes not rugby boots.   He fell so many times on muddy ground.  However, every time he fell he stood up to join the play.  It made all of us so energized and the drilling so intensive.  Today, we drilled in a new ”Yoshida” method, not a regular ”Matsumoto” method.  Although we knew that the circuit training, which appeared frequently never touching a ball, did not come up, we had to feel so strained till the call of the finish of the drill.
0115 1 1115 3