滋賀県の社会人ラグビーチーム「レークサイド」オフィシャルWEBサイト

Facebook

2020

11-29

京滋リーグ対乙訓クラブ Game against Otokuni Club

レークサイドRFC

前半:- / 後半:-

20

乙訓クラブ

前半:- / 後半:-

29

* 吉祥院グランド 2020年11月29日 10:00 KICK OFF トライ:村中1、小松1、吉田1

  • 1 小松 達也
    2 田中 宏筧
    3 藤井 達丸
    4 園田 良
    5 松尾 優吾
    6 藤原 慶史
    7 松本 空海
    8 村中 章吾
  • 9 早川 直人
    10 藏立 紘宇
    11 齋藤 優弥
    12 井口 貴文
    13 清水 智貴
    14 若松 徹
    15 吉田 凱希
       
  • 16 林 雄大
    17 Cameron Stuart Hart
    18 市木 正志
    19 中屋 孝広
    20 veiga rodrigo kendi takahasi
    21 -
    22 -
    23 -

STAFF

Water:廣田

対戦相手は、乙訓クラブさんでした。

試合が始まる前に、キャプテン空海から前回の試合の振り返りが有り、練習でして来たことと試合の意識する内容の話をし、試合に挑みました。

前半、先制し好調なスタート、試合前でも話してたしっかりディフェンスの意識、ポストコールなど出来ていたと思います。しかし、先制トライをあげてから、相手チームも一気にスイッチが入ったのか、22mまで継続しても、相手チームの下のボールへの働きかけらが早く、レイクは、反則やターンオーバーなどで、攻めきれない状況が続きました。
その後、追加でトライをし点数を重ねるも、相手チームのテンポの良いゲーム展開と、自チームのミスも重なり結果敗戦しました。しかし、9月以降から若手選手や、新たな入部希望者など約6人弱入部頂き、今回の試合もその新しいメンバーが活躍するシーンが多く見られたのは非常に良かったと思います。来月には順位決定戦もありますので、そこでしっかり勝って優勝トロフィーをしっかり受け取って帰りたいと思います。

We played the game with Otokuni Club.

Before the game, we looked back on the previous game with the Captain Kuukai and talked how to concentrate on what we did in drills and what we will have in thought in the game.

In the first half, we started smoothly concentrating on the defence amd giving calls of Post.  However, after we made a first try, it looked like the opponent revved up and even if we progressed over 22m we could not make tries due to penalties or turn-overs with the opponent rushing lower to the ball.
Altghough we made tries, the opponent moved the game fastly and owing to our failures  we lost the game.  However, it was good that young new memeber played the game brilliantly; we have welcomed six new member since this September,  Next month, we will play the game to be the winner or the 2nd post.  We will play the game steadily and bring the winning trophy back home.

乙突進 乙らいん otu全員

 

 

2020

11-22

練習(ビッグレイク) Drill

今日はいつも練習している野洲川河川敷のグランドではなく、隣の守山市に在るビッグレイクという天然芝のグランドで練習をした。今週はアメリカはThansksgiving(感謝を与える)ホリデーという七面鳥で祝うクリスマスの前哨戦のような和やかな週だが、日本ではそんなものとは縁もゆかりもあろうはずがなくPainstaking(傷みを伴う)な練習となった。空中を蜘蛛の巣のようなものが飛んでいる中で、地獄のサーキット練習は無かったものの最後は3対3でホールドから進化したタックルありの内容となった。来週は試合。
We drilled today at Big Lake turf ground in neiboring Yasu Cisty, not at the Yasu Riverbank ground, which we drill regularly.  This week in USA they celebrate Thanksgiving holidays with turkeys peacefully prior to Christmas, however here in Japan as there was nothing to do with such a tradition, we drilled ”Painstakingly”.  While something like spiderwebs were drifting in the air, although we did not drilled in ”circuit training” we drilled in 3 vs 3 with tackle not holding.  We will play the game next week.

BL1 BL2 BL3

2020

11-15

練習(野洲川) Drill

いつも練習している野洲川河川敷の陸上競技場のグランドは、野洲ラグビークラブの少年達、大学生も一部参加しているらしい社会人クラブのリゲルサントス、そして私達のLake Sideと昨年のラグビーワールドカップの盛況を思い出させるほどの活況だった。そんな中、今日練習に来る予定の新入部員がなかなか現れない。プロップ経験者なので体形はプロップらしいが。おっと現れた!いや、親子連れだ。あれだ!いや、見るからに70歳は越えているようなおじいさんだ。そんな中、期待の新入部員は現れた。まさに見るからにフロントロー。引っ越したばかりでスパイクが無く靴だったので泥気味のグランドで何度も滑りながらしかしすぐに立ち上がる姿には、知らぬ間に参加していたメンバーの心と練習内容を熱くさせていった。今日はいつもの練習の松本メソッドではなく、吉田メソッドだった。たまにあるボールに触る事ができないサーキット練習は現れない事はわかっているが、一体どんな練習メニューなのかと、、、緊張は練習が終わるまで続いた。

The Yasu Riverbank Track & Field ground was full of Yasu Rugby Club boys, adult club Rigel Santos which looked like drilling with college students, and us Lake Side, which made us recall the old days in the last year owing to the Rugby World Cup.   A rookie, who was supposed to show up today, did not come when we started drilling.   We heard that he was the prop.   Therefore, he must have looked like ”Prop”.   Yes, he came!  No, the man was with his kid.   Yes, he came!   No, the man apparently looked like a senior citizen older than 70 years old.   And finally he came.   He looked a real ”Front Row”, yes, he was.  As he just moved here, he had only shoes not rugby boots.   He fell so many times on muddy ground.  However, every time he fell he stood up to join the play.  It made all of us so energized and the drilling so intensive.  Today, we drilled in a new ”Yoshida” method, not a regular ”Matsumoto” method.  Although we knew that the circuit training, which appeared frequently never touching a ball, did not come up, we had to feel so strained till the call of the finish of the drill.
0115 1 1115 3