滋賀県の社会人ラグビーチーム「レークサイド」オフィシャルWEBサイト

Facebook

2020

10-11

京滋リーグ試合スタッフ Game staff

台風一過の洛北の地、宝ヶ池ラグビー場にLake Sideの勇士(一人淑女を含む)が集まった。今日は試合への参加ではなく、スタッフとして参加する為である。試合運営、記録、ボール、タッチジャッジ等々、いつもは試合に出る為にポジション奪取に死闘を繰り広げているメンバーが今日はスタッフの係の争奪に心理戦を繰り広げた。いざ係が決まれば、あとは試合が始まる迄、先輩から後輩への直々の指導、タッチフラッグを揚げる角度を何度もシミュレーションする姿があった。

After a typhoon had left, Lake Side brave men (including one Lady) gathered at Takaragaike rugby ground in north Kyoto.   Today, we came here not for playing games but staffing in a game.   For management of a game, recording, collecting balls, and touch judge (AR), etc, we put on a display of psychological battles to choose a favorite staffing although we daily make a cutthroat competition to play games as a regular member.   However, once the staffings were confirmed, a young member was instructed by an old one or one member practiced raising a touch flag in a professional angle till the final moment when a game started.

伝達 シャツ 練習 球