滋賀県の社会人ラグビーチーム「レークサイド」オフィシャルWEBサイト

Facebook

2020

10-04

練習(野洲川) Drill

グランドには黄色のマーカーがなぜか円状に設置されていた。それが相撲の土俵を表していると知った時、地獄のフィジカル練習が始まった。相撲に、グランド半分を走るのをインターバルも入れて十周、誰かが叫んだ「ボールを触れないなんて、強豪校の新入部員ではないですか!」しかし、ボールを触れる練習に移ってからも、練習の激しさは弱まるどころかさらに厳しくなっていった。ラックの練習ではメンバーの一人が鼻血を出した。赤く染まった秋枯れの芝生は、月末の試合へのLake Side のメンバーの燃え上がる闘志を表していた。

Yellow markers were placed in circle.   When we noticed that it was the sumo ring, the hellish physical training started.   Sumo wrestling, running around the half of the ground by 10 rounds,,,, a member yelled ”We are not allowed to handle balls.   It looks like we are freshment of the Very strong teams!!”   However, even if ball drills started, the severity of the drills became harder and harder never died down.   In the ruck drill, one member bled at the nose.   The autumn-yellowed turf soaked in red showed the fighting spirits of the Lake Side member for the game at the end of this month.

相撲 ラン 鬼当たり