滋賀県の社会人ラグビーチーム「レークサイド」オフィシャルWEBサイト

Facebook

2020

10-18

練習(野洲川) Drill

二週間ぶりの練習。今日もグランド半面の四隅にカラーコーンが置かれている事に気づいた者は多かった。その不安どおりに始まった、グランド半面1周x10回のインターバル走。前回は何回走るかわからなかったが、今日はわかっていた。その為か、気づくとペースを抑えていた。学生の頃は後先考えず1本1本のランに全力を出していたのに。いつからだろう、何でも計算するようになったのは。たまにその計算も狂うけれど。インターバル走、終了。膝に手をつき枯れた芝生を見て思った「次の練習のインターバル走では毎回、その回だけを考えて走ろう」。成長の秋、挑戦の秋。

Two weeks have passed since the previous drill.  Many member noticed that four color cones had been placed at four corners of the half ground.   As the worry drifted, the interval running around the half ground x 10 rounds started.   We had not known how many times we had needed to run in the last ime, but today all of us knew the contents.   This made us control our running speed.   When we were students, we made all our efforts in every single run.   From when did we calculate everything?  Sometimes, those calculations are not correct, though.   The interval running ended.   Looking down at the dead turf with hands on knees, we thought…… in the interval running in the next drill, we are gonna run just thinking of each run.  Growing and challenging in this autumn.

1018ICHIKI 1018じめん ぱす1018

2020

10-11

京滋リーグ試合スタッフ Game staff

台風一過の洛北の地、宝ヶ池ラグビー場にLake Sideの勇士(一人淑女を含む)が集まった。今日は試合への参加ではなく、スタッフとして参加する為である。試合運営、記録、ボール、タッチジャッジ等々、いつもは試合に出る為にポジション奪取に死闘を繰り広げているメンバーが今日はスタッフの係の争奪に心理戦を繰り広げた。いざ係が決まれば、あとは試合が始まる迄、先輩から後輩への直々の指導、タッチフラッグを揚げる角度を何度もシミュレーションする姿があった。

After a typhoon had left, Lake Side brave men (including one Lady) gathered at Takaragaike rugby ground in north Kyoto.   Today, we came here not for playing games but staffing in a game.   For management of a game, recording, collecting balls, and touch judge (AR), etc, we put on a display of psychological battles to choose a favorite staffing although we daily make a cutthroat competition to play games as a regular member.   However, once the staffings were confirmed, a young member was instructed by an old one or one member practiced raising a touch flag in a professional angle till the final moment when a game started.

伝達 シャツ 練習 球

2020

10-04

練習(野洲川) Drill

グランドには黄色のマーカーがなぜか円状に設置されていた。それが相撲の土俵を表していると知った時、地獄のフィジカル練習が始まった。相撲に、グランド半分を走るのをインターバルも入れて十周、誰かが叫んだ「ボールを触れないなんて、強豪校の新入部員ではないですか!」しかし、ボールを触れる練習に移ってからも、練習の激しさは弱まるどころかさらに厳しくなっていった。ラックの練習ではメンバーの一人が鼻血を出した。赤く染まった秋枯れの芝生は、月末の試合へのLake Side のメンバーの燃え上がる闘志を表していた。

Yellow markers were placed in circle.   When we noticed that it was the sumo ring, the hellish physical training started.   Sumo wrestling, running around the half of the ground by 10 rounds,,,, a member yelled ”We are not allowed to handle balls.   It looks like we are freshment of the Very strong teams!!”   However, even if ball drills started, the severity of the drills became harder and harder never died down.   In the ruck drill, one member bled at the nose.   The autumn-yellowed turf soaked in red showed the fighting spirits of the Lake Side member for the game at the end of this month.

相撲 ラン 鬼当たり