滋賀県の社会人ラグビーチーム「レークサイド」オフィシャルWEBサイト

Facebook

2020

06-28

練習(野洲川) Drill

大雨の予報も早めに早めに変わっていき、朝方には雨足が止んでくれた。今週も秋のシーズンに向けてLake Sideのメンバーは野洲川河川敷グランドに集った。まだコンタクトはできないので、2対1、3対2、4対3 の基本技術の練習を行った。雲っていて直射日光の洗礼はなかったものの、湿度の高い中で流れる汗もそのままにのサンプラ中野の熱唱が幻聴となって聞こえていた時、とあるメンバーがつぶやいた。
「厚い雲で覆われていて、俺達、蓋のされた鍋の中で練習をやっているようなものやで。」
ラグビーは大人を少年にさせ、そして詩人にさせる。

As the rain forecast, the rain stopped in the morning.   Lake Side member gathered on this weekend, too to prepare for the autumn season.   Because we are prohibited from drilling in contact plays, we drilled in the basic skills such as 2-1, 3-2, and 4-3 attack and defence.   Although the sun did not shine giving us the torture of heat, the drops of sweat kept falling.   When the yelling of the old singer, Sunplaza Nakano was echoed as the auditory hallucinations, one member mutters. ”Covered by the thick clouds, it looks like we are driling in a pot with a lid on.”
Rugby makes a man a boy, and a man a poet.

0628 1 0628 2 0628 3