滋賀県の社会人ラグビーチーム「レークサイド」オフィシャルWEBサイト

Facebook

2018

06-24

京滋リーグ対鴨沂クラブ  Game vs Ouki Club (Kyoto-Shiga League)

レークサイドRFC

前半:3T1G / 後半:-

17

鴨沂クラブ

前半:4T2G / 後半:-

60

* 京都島津製作所 2018年6月24日 14時30分 KICK OFF トライ:空海3

  • 1 小松 達也
    2 松本 空海
    3 山本 裕也
    4 荒谷 一真
    5 林 雄大
    6 黒田 幸伸
    7 服部 聖
    8 村中 章吾
  • 9 中屋 孝広
    10 藏立 紘宇
    11 奥田 航輝
    12 織田 清貴
    13 齋藤 優弥
    14 西村 潤二
    15 山田 俊一
       
  • 16 渡辺 健一
    17 坂田 淳
    18 木村 優
    19 本郷 紘一
    20 -
    21 -
    22 -
    23 -

STAFF

SA: 廣田  Water:中屋美、松田葵

初めて試合をする京都島津製作所のグランドは昨夜の雨で濡れた芝生からの熱気でむっとしていた。炎天下の中、14:30にキックオフ。前半こそテンポよく攻めたLake Sideだったが、後半には得点が止まり相手チームに自由にさせてしまった。Lake Sideの反則は前半が4、後半が2。相手チームは前半が2、後半が2。反則はせずに攻撃の波を作る。そして、天候のコンディションに関係せず前後半走り切る体力をつける。次の公式試合は9月の美作。7月、8月、Lake Sideの各メンバーのDisciplineの真価が問われる。

The Shimadzu ground in Kyoto where Lake Side played rugby in the first time was muggy with the yesterday’s rain drops on the turf.   Under the burning sun, the game started at 14:30.  Lake Side continued to attack the opponent rhythmically in the first half, but in the second half Lake Side stopped scoring letting opponent do as they wanted.   Penalties:  Lake Side 1st half 4  2nd half 2, Opponent 1st half 2  2nd half 2.   Lake Side needs to continue to attack without making penalties and to attain stamina to keep running till the full time no matter what weather we have.   Next official game will be in Mimasaka in September.   In July and August, each member of Lake Side must show their spirits to live with Discipline.

BD kick

 

 

2018

06-03

6月3日練習(野洲川グランド)Drill at Yasu River Ground

Lake Sideもいよいよサマータイムのか導入か。今まで9:30だった練習が9:00からの開始に。練習会場には小学生、中学生の子供達だけでなく、Rigel Santosの人達もいて、最初の練習はRigel Santosの人達も加わりグランド半分弱をめいいっぱい使ってのタッチフットとなった。その後は、サインプレーの確認、1×2、2×3のアタック&ディフェンス、タックルダミーでポイントを作ってのラック→ラックの練習、同対人をつけての練習、前に投げてのありのタッチフット、レスリング(相撲)( 30秒×5)を行い、基礎体力と基礎スキル、そして体幹のトレーニングを行った。今日流した汗は土壌の肥やしとなり、秋に豊穣の実りとなる。 Daylight saving time is introduced in Lake Side?   The drill started at 9:00, which had been 9:30 before.     There were elementary school and junior highschool kids, and Men of Rigel Santos on the field.   In the beginning, Rigen Santos joined the Touch-foot with Lake Side occupying the almost half of the field.   Then, back-to-basic sign plays, 1×2 2×3 attack and defence, moving from the 1st ruck to the 2nd one with tackle dummies, similar ones with no-tackle dummies, touch-foot with the rule accepting throwing a ball forward, wrestling (Sumo) 30 seconds x 5 were implemented  by Lake Side beefing up basic stamina and skills, and the body core.   The sweat perspired today will be the fertilizer and make the harvest in autumn.

タッチ 球だし