滋賀県の社会人ラグビーチーム「レークサイド」オフィシャルWEBサイト

Facebook

2018

04-22

京滋リーグ対乙訓クラブ  Game vs Otsukuni Club (Kyoto-Shiga League)

レークサイドRFC

前半:2T2G / 後半:1T1G

21

前半:4T2G / 後半:1T1G

44

* 吉祥院グランド 4月22日 14時 KICK OFF トライ:神3

  • 1 小松 達也
    2 松本 空海
    3 山本 裕也
    4 前川 択哉
    5 市木 正志
    6 前田 良平
    7 黒田 幸伸
    8 荒谷 一真
  • 9 山田 俊一
    10 江草 裕介
    11 西村 貴久
    12 西村 潤二
    13 神 健太
    14 藤沼 厚樹
    15 小堀 文雄
       
  • 16 渡辺 健一
    17 veiga rodrigo kendi takahasi
    18 -
    19 -
    20 -
    21 -
    22 -
    23 -

STAFF

Water: 松田葵

春は名残の太陽の熱さよ。Lake Sideの2018年度の最初の15人制の試合は1990年代の夏合宿を彷彿とさせる土の、いや、砂交じりの土のグランドで行われた。蜃気楼の中を舞う砂塵もものかわと、艱難辛苦打ち耐えて仲間の思いが詰まった球を繋ぐ。前へ、前へ、ひたすら前へ。リズムよく球を繋げたところもあった。しかし、ブレークダウンの攻防の中のラッチが甘かったり、オーバーザトップにはならなかったが勢いあまり相手側に倒れてしまうところもあり、次への試合への課題も見つかった。今日は交代要員も2人しかいず、スタッフもリゲルの方にお願いして試合が成立した。皆に支えられているという事に感謝をして、Lake Sideは一試合一試合ごとに成長を続けていく。

Summer has almost arrived kicking out spring far away.   The first 15th match of Lake Side in year 2018 was held on the dirt, well correctly speaking sandy dirt, which reminded us of the 1990’s summar camps.  Lake Side member passed a ball one by one in spite of the sand dusts swirling up in the mirage.    They rushed forward bulldozing a pass through opponents.   Sometimes they passed a ball rhythmically, but the latch was not strong enough or some fell over in the opponent’s side although it was not penalized as over-the-top.   These will need to be overcome by the next game.   Today, 17 member played the game supported by Rigel Santos member.   All the member of Lake Side keep in their mind that they are supported by many people.   They continue to be stronger with the appreciation for what makes Lake Side be.

突進 HANDOFF 0422ALL