滋賀県の社会人ラグビーチーム「レークサイド」オフィシャルWEBサイト

Facebook

2020

02-23

練習(野洲川) Drill

遠く霊峰比叡山を西に臨み、春まだ遠き2月の時雨が舞い散る中今期野洲川河川敷グランドでの最初の練習を行った。Lake Sideの精鋭15名が集い、2対1、3対2、4対3、5対4のアタックアンドディフェンスの練習を春の訪れと共に来る試合に向けて行った。新生首脳陣の元、和気あいあいと笑い声がこぼれる中で集中した2時間を過ごした。1週間に2時間の貴重な時間。練習の時にかいだ芝生は春の香りがした。

With the view of holy Mt.Hiei in west, Lake Side carried out the 1st drill at the Yasu River Bank ground in shower.   15 picks of Lake Side drilled in Attack & Defence 2:1, 3:2, 4:3, and 5:4 to prepare for the game coming with spring.   With the instruction of new board of member, we spent the very densed two hours sometimes with laughing.   Just two hours in a week.   The turf in the drill smelled spring.

2月23日練習@野洲川_200223_0003 2月23日練習@野洲川_200223_0020 2月23日練習@野洲川_200223_0006

2020

02-16

2020年度新年会  2020 New Year’s Session

今年もこの日がやってきた。Lake Sideの2020年度の新年会。上は50歳代、下は10歳代。この幅広い世代を一つにまとめるのは各自の勝利への執着のみ。宴もたけなわ、会場のボルテージも最高に達した時、今年度の新幹部が発表された。

監督 中屋
キャプテン 空海
副キャプテン 小松 村中
主務 山本
広報 渡辺
FWリーダー 岩下
BKリーダー 早川
スケジュール担当 井口
マネージャー 中屋、松田、廣田

さあ、Lake Side、2020年の広がる大洋に向けて突き進め!
This year, too, Lake Side held a 2020 New Year’s (drinking) session.   From teen’s to 50’s, these wide generation is only united by the tenacity of each member to the victory.   In the midst of the excitement, the new staffs of the year 2020 were announced;
Manager Mr.Nakaya
Captain Mr.Matsumoto
Sub captains Mr.Komatsu, Mr.Muranaka
General affairs Mr.Yamamoto
P.R. Mr.Watanabe
FW leader Mr.Iwashita
BK leader Mr.Hayakawa
Scheduling Mr.Iguchi
Assitants Ms Nakaya, Ms Matsuda, Mr.Hirota
OK, boys!  Hoist a sail and go into the 2020 ocean!

全体写真2020

2019

11-24

京滋リーグ対プログレ Game against Progres

レークサイドRFC

前半:2T1G / 後半:2T1G

24

プログレ

前半:2T / 後半:2T1G

15

* 吉祥院 2019年11月24日(日) 11:15 KICK OFF トライ:小堀1、横山1、松本1、園田1

  • 1 小松 達也
    2 田中 宏筧
    3 岩下 魁
    4 山本 裕也
    5 横山 竜介
    6 黒田 幸伸
    7 荒谷 一真
    8 村中 章吾
  • 9 早川 直人
    10 藏立 紘宇
    11 小堀 文雄
    12 松本 空海
    13 園田 良
    14 井口 貴文
    15 織田 清貴
       
  • 16 林 雄大
    17 Cameron Stuart Hart
    18 Preston Mitchum
    19 坂田 淳
    20 veiga rodrigo kendi takahasi
    21 山田 寿 
    22 松尾 優吾
    23 -

STAFF

SA: 廣田

人生に一回の日本でのワールドカップは既に皆の記憶の中にしまわれてしまった冬空のもと、Lake Sideの京滋リーグ最終戦が吉祥院グランドでプログレを相手に行われた。新しくLake Sideに加わったメンバーも青のユニホームを身にまとい、11:15にキックオフ。立ち上がりが堅かったか、相手に2トライを献上。前半14分にはキャプテンが負傷交代。しかし、Lake Sideはここで崩れる事はなく前半終了迄には追いつく事ができた。後半にはアメフト経験者の突き刺さるタックルもあった。試合終了。京滋リーグ優勝。優勝カップを手に京都テレビからの取材。
ビクトリーロード この道~ ずっと~ゆけば~
Lake Sideのビクトリーロード
この道を行けばどうなるものか 危ぶむなかれ危ぶめば道はなし
踏み出せばその一足が道となり その一足が道となる
迷わず行けよ 行けば分かるさ

さぁ、行こう!
While the Once-in-a-life World Cup in Japan is now stored in our memories, the final game of Lake Side in Kyoto-Shiga League 2019 was held against Progres in the winter climate.  New member wore a blue jersey, too and the kick-off whistle was blown at 11:15.   In the beginning, it looked like Lake Side member was numb or had not been warmed up yet; Progres scored two tries.   At 14 minutes in the 1st half, the captain got injured and was replaced.  However, Lake Side never let Progres go as they wanted and caught up with them by the end of the 1st half.   In the 2nd half, our new member, who used to play American football, tackled the opponent like an arrow.  Full time.   The victory in the championship.   Kyoto TV coverage with the trophy.
Victory road, on this road we will go forward,,,,,,
The victory road of Lake Side.

Do not be afraid what will be after you go on this raod.
If you are afraid, there will be no roads.
Each step will be a road.
Don’t get lost.  You will find what you want.

OK, let’s go!

1124LINEOUT Cameron 仁王 TROPHY